敷金と礼金はなしの方が良い~一人暮らしを始める人へ~

引っ越す時の節約法

部屋

一人暮らしを始める際に、もっとも重要なのが、引越し先の物件探しです。引越しというのは、殆どの場合決して安くはなく、お金に余裕が無い時はできる限り安いマンション及びアパートを探すことになります。引越しにかかる料金には、様々なお金がかかります。敷金、礼金を始めとして、仲介手数料や保険、保証料や、マンションによっては水道代が一律の場合もあり、家賃に組み込まれる場合があります。これらは物件によって組み込まれている場合とそうでない場合があるので選ぶ際にはなるべく料金が発生しないところを探すことになります。しかし、時には料金はかかるけどその代わりにセキュリティ面が優れているというメリットが有る場合もあるので、一概に悪いことだけではありません。
もし、それでも出来るだけ安く済ませたいとお考えならば、敷金と礼金がなしのところを選びましょう。物件によっては、敷金と礼金がなしの場合があり、引っ越しの費用を安く済ませることが可能です。敷金と礼金がナシのケースというのは、築年数が少し長かったり、立地的に少々不便だったりというケースもありますが、バイクなどの移動手段を有していたり、築年数が気にならないというのであればデメリットはないに等しいです。なお、敷金と礼金がなしの物件は、不動産業者に教えてもらったり、インターネットで検索すれば見つかりやすいです。しかし、そういった物件は人気があるので早めに予約をしないと先に入居者が決まってしまうこともあるので注意しましょう。

環境を知るのも重要

集合住宅

賃貸物件を探す時に、周囲の環境をチェックするのは重要です。京都は静かなところですが、場所によっては騒音が激しいという可能性があったり、周囲に何もないという事も考えられます。

もっと見る

目的で利便性はかわる

室内

賃貸物件の利便性は、引越の目的によって大きく変わります。例えば職場が両国だった場合、両国に引っ越せば移動にかかる時間を大幅に短縮できるので余裕のある朝を迎えることができます。

もっと見る

高級マンションの魅力

マンション

賃貸マンションの中には、いわゆる高級マンションといわれるマンションがあり、従来の物件とは快適性が段違いです。千代田区はそういった高級マンションが多く、人気物件がたくさんあります。

もっと見る

このエントリーをはてなブックマークに追加